RECRUIT INTERVIEW 2先輩の声

より難易度の高い加工をやり遂げ、
タニムラの技術力を
伝えていきたい。

2017年入社

関戸 正義

製造1課

INTERVIEWインタビュー

タニムラに入社した理由は?

ものづくりを通して自分のスキルを上げたい

以前は県外の木工所に勤務し、合板の加工や収納家具の製作などに携わっていました。その経験を生かして地元に帰って仕事がしたいと思い、タニムラに入社しました。タニムラには仕事がしやすそうな雰囲気を感じていたので、ものづくりを通して自分のスキルを高めていけるのでは、と考えて入社を志望しました。

主な担当業務を教えてください。

トラックのウィングボディの内板加工を担当しています

トラックのウィングボディの内側の板張りを担当しています。これは、車の骨格となる部分を板で隠し、荷物を積みやすく、見栄えをよくするための加工です。まず、板をカットし、次に穴を開け、ニスなどの塗装を行う仕事で、同年代の社員と協力しながら作業を進めています。

仕事のやりがいを教えてください。

新しいことや、やりたいことができる環境

新しいことに挑戦させてもらっているので、飽きずに作業することができ、いろいろな技術が身についてきていることを実感します。自分から「やりたい」と言えばやらせてもらえる環境なので、やりがいがあります。仕事量は日によって変動があるので、一人ひとりの社員が幅広い業務に対応できれば、受注数に応じて柔軟に対応できると思います。そういった意識をもって仕事に取り組み、「お客様に良いものを届けよう」という使命感で働ける環境が気に入っています。

これからの目標を教えてください。

一人ひとりのスキルを高めて、会社全体で大きく成長していきたい

社員同士で活発に意見交換しながら、会社全体で大きく成長していきたいと思います。一人ひとりのスキルが高まれば、会社全体の力が大きくなりますし、結果的に会社の成長に繋がっていきます。そういった良い循環を作っていきたいです。

入社を希望する方にメッセージをお願いします。

気持ちをひとつにして一緒にものづくりに励みましょう

この仕事には、一緒に働く人とのコミュニケーションやチームワークがとても大事だと思います。お互いに話しやすい人間関係を構築し、社員の気持ちを一つにして、一緒にものづくり励んでいける仲間を求めています。